ブラジリアンワックスでアンダーヘアの処理を行おうと思ったら、当然ですがどのようなデメリットがあるのかも知っておくといいのではないでしょうか。

まずブラジリアンワックスというのは、そもそも強い粘着性の液の特性を活かして、強い力で無駄毛を引き抜くという手法が取られます。

そのため脱毛処理時には、どうしても強い痛みを感じるのは致し方ありません。

また見えているムダ毛を処理するだけなので、早い人で数週間、遅くとも1か月程度でまたムダ毛が生えてきてしまいます。

永久脱毛ではないという自覚も必要なのです。

さらに粘着性を活かして抜くので、皮膚の弱い方では内出血や肌荒れなどを起こす場合もあります。

このようにブラジリアンワックスには、デメリットもあります。

それでもこれだけブラジリアンワックスが支持されるということは、デメリット以上にメリットがあるからなのです。

関連リンク・・・脱毛・・・性ホルモンの違いによるムダ毛の濃さ